日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

久しぶりの英語音声プレイ

f:id:speakeir:20171101221154j:plain

ドーンガード編に入ってから、英語音声版でプレイしております。

なかなか新鮮。

英語音声で遊ぶと、発音が微妙に違うことを知るね。

アルドゥイン→オールドゥイン

金貨・コイン→セプティム

ドゥーマー→ドゥエマー

みたいな。

あと、イスランさんは日本語版声優さんより老けて恐ろしく低音、吸血鬼の王は日本語版よりはるかに嫌みっぽい言葉遣いとか。

暫くすると飽きて日本語版に戻すんだろうけど、英語は英語で新鮮で楽しいです。

セラーナさんは、日本語版のほうが面白いかなあ。

SKSEとSkyUIとMCMについて

SkyUI最新版にはMCMが装備されている。

SkyrimLEを楽しんでいた人はご存知の通り、MCMはゲーム上でModの設定を変更できる素敵機能だ。

ただ、MCMは日本語化しないと文字化けの嵐か、英語表記のままなので、使えないか使いにくい。

 

現在、公開されているModの多くは、SkyrimLEで公開されたModのSE版リメークなので、MCMに対応しているのに日本語化できないという場面が多々ある。

そこで、MCMの活用方法をば。

 

Realistic Needs and Diseases All-In-One for USSEP at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

RNDはオリジナルバージョンから、何人ものModderによって更新され、現在のUSSEP対応バージョンに至っている。他にもサバイバル系Modは多いし、CCでも公開されたので、あまり新鮮味はないけれど、これに慣れてしまった僕のような人間は相変わらず愛用している。

で、RNDのオリジナルバージョンですでにMCMに対応していたこともあり、SkyUIを導入すると、MCM画面にRNDが出てくる。

 

f:id:speakeir:20171101172844j:plain

f:id:speakeir:20171101172859j:plain

ほら、英語でしょ?

 

日本語化の方法ですが、まず、RNDの大本の日本語化ファイルを用意します。

skyrim.2game.info

Modといえば、このサイトですな。

このページの、

f:id:speakeir:20171101172953j:plain

白く囲ったところに、MCM最新版の表記があるので、ダウンロード。

f:id:speakeir:20171101173023j:plain

ファイルの中に、interfaceフォルダがあるので、そのままコピーしてゲームフォルダのDataフォルダにペーストすると、中に「translations」フォルダがあり、「realisticneedsanddiseases_english.txt」というファイルが入っている。これがMCMの日本語化ファイル。

 

f:id:speakeir:20171101173130j:plain

日本語化できました!

 

こんな感じに、Dataフォルダの下、interfaceフォルダ内にtranslationsを用意して、MCM日本語化ファイルを探してきて放り込めば、MCMは日本語化できます。

 

ご参考までに。

 

アルドゥインの壁とドラゴンの復活

もう知られているとおり、アルドゥインの壁というクエストが、ドラゴン復活のもう一つのキーになっている。

個人的に、いろいろなルートでスカイ・ヘブン聖堂に向かってみたけれど、個人的にはホワイトランからロリクステッドを経てカース・スパイヤーに至る経路がドラマチックだと思っている。

f:id:speakeir:20171028151035j:plain

 

f:id:speakeir:20171028151103j:plain

ちょうど、ロリクステッドとマルカルスの分岐路あたりで、遠くにドラゴンが見える。

f:id:speakeir:20171028151138j:plain

ヴォルジョツナーク。

 

次に、ロリクステッドの近くの丘。

f:id:speakeir:20171028151307j:plain

ちょうど、アルドゥインが復活させているのが、

f:id:speakeir:20171028151330j:plain

ナハグリーヴ。

 

ともに、ある本に出てくる伝説上のドラゴン。

アルドゥインが自らを倒す方法を探しあてつつあるドヴァキンに対して、伝説的ドラゴンを復活させることで対抗しようとしている、なんていう脳内補完しながら、楽しめますな。

黒檀・Ebony

デイドラの鎧に次いで頑強なエボニー。

その和訳は黒檀。おもわず「こくだん」と呼ぶ人も多いと思うが、「コクタン」である。

コクタン - Wikipedia

 

エボニーをそのまま訳すと黒檀、つまり固くて黒い木になるが、木造の鎧というわけではない。

TES作中、唯一その性質に触れる著作物がある。

重装鎧の鍛造 : Skyrim Library

 

このSkyrim Libraryはすばらしいサイト。暇さえあれば読んでいた時期がある。

これによれば、冷たいまま叩くとヒビが生じて、粉々になるという。また、鉄とあわせて合金にはしない。エボニーはエボニーだけで鍛造する。

 

ところが、鎧にすると頑強になる。

つまり、素材の段階では強固ではないが、鍛造すると簡単には破砕されない性質をもつ、ということになる。

エボニー内には水分や酸素などの気体が含まれているのだろうか。鍛造することで純粋性を増し、強固になると解釈することもできる。

 

一説には黒曜石のようなもの、ともある。

黒曜石 - Wikipedia

しかし、黒曜石は強固ではない。むしろ、ガラス質でもろい。加工する上で鋭利になりやすい性質なので、古来から道具の原料として用いられてきたが、つまりはそういう性質だ。

TES内の特殊な鉱石であることは間違いないが、さて、どんなものなのだろう。

 

和訳の黒檀にしても、誤訳であるとしても、なんかカッコいい訳である。

ずいぶん前から愛用している武器は、すべて黒檀製である。

広告を非表示にする

BSA Browser

BSA Browser (with .BA2 support) at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

以前から、BSAファイルというのはベセスダゲームを構成するファイルの1つであり、主要なものだ。

多くはMod配布の際、様々な細かいファイルを圧縮する上で用いられる。もともとのSkyrimLEでは細かく配布されていたStringsなどは、SEからBSAファイルとして配布されるようになった。

このため、日本語化する際にはBSAファイルを解凍し、適宜再構成する必要が生じた。今回紹介するBSA Browserなんかは、最新型のBSAファイルにも対応するツールだ。

 

f:id:speakeir:20171024215555j:plain

起動画面。Fileタブを押す。

f:id:speakeir:20171024215624j:plain

 

殆どの場合、このOpen Archiveコマンドしか使わない。Bsaファイルを改造したりしないかぎり。

 

f:id:speakeir:20171024215741j:plain

日本語化する際に必ず解凍するのが、Skyrim-Patch.bsaなので、これを解凍してみよう。ゲームフォルダのDataフォルダにある。

 

f:id:speakeir:20171024215822j:plain

左側のサイドウインドウ部に、ファイル構造がツリー式で表示される。左側のウインドウは全ファイルの一覧。

取り出すファイルはInterfaceフォルダのいくつかと、Stringsフォルダなので、左側画面でこれをクリックすれば、任意の場所にジャンプする。

ツリー表示は通常閉じているので、矢印のところを押せば展開します。

 

f:id:speakeir:20171024220004j:plain

任意のファイルで右クリックすると、コマンド画面が出てくる。

ExtractとExtract Foldersの違いは、ファイル1つを取り出すのと、取り出した際に属しているフォルダを作って取り出すかの違い。

例えば、

f:id:speakeir:20171024220117j:plain

このinterfaceフォルダは下のExtract Foldersで取り出したもの。上の画面でわかる通り、book.swfファイルはinterfaceフォルダに入っているので、interfaceフォルダに格納された状態で取り出されている。下は単なるExtract。どちらが便利かは、ユーザー次第です。

 

 

日本語化するに際して必要なツールなので、まずここから解説ページを作りました。

広告を非表示にする

Skyrimなどで、英語や日本語のセリフを調べる方法

先ほどの記事でも調べたんだけど、ごく一部しか知らないと思うので、メモ的に。

 

使うツールは、

Voice File Reference Tool at Skyrim Nexus - mods and community

 

Unfuzer CPP Edition at Skyrim Nexus - mods and community

 

の二つ。

 

まず、「ジョルバスクル」の正しい発音を調べてみる。

f:id:speakeir:20171017210545j:plain

Voice File Reference Toolのフォルダを解凍すると、実行ファイルがあるので起動すると、

f:id:speakeir:20171017210631j:plain

起動する。

 

次に、単語を調べるには、下の「Filter」に単語を入れる。

ジョルバスクルは「Jorrvaskr」だから、そう入れると、

f:id:speakeir:20171017210900j:plain

たくさんヒットする。

試しに、2つめのファイルを調べてみよう。

c01_c01hellos_000246be_1.fuzというファイル。

 

次に使うツールが、Unfuzer CPP EditionとBSAファイルを分解するソフト。今回は使い慣れている

BSA Browser (with .BA2 support) at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

を使います。

BSA Browserを起動して、英語でも日本語でも、聞きたいほうの言語の音声ファイルから上記のファイルを取り出す。

今回はSkyrimLE版から取り出すので、「Skyrim - Voices.bsa」というファイルを、Dataフォルダから探して、コピーし、BSA Browserを起動。ファイルネームで検索して、Extractする。

 

抽出したファイルは、Unfuzer CPP Editionを解凍したときのフォルダに入れておく。その方が便利。

Unfuzer CPP Editionを起動する。

 

f:id:speakeir:20171017212201j:plain

Unfuzer CPP Editionというツールは、Skyrimの音声ファイルである.fuzを一般的な音声ファイルであるwavファイルに変換するもの。

実行ファイルと同じフォルダに放り込んでおくとめんどくさく無いが、そうじゃなければ、上の赤枠のところをクリックし、任意のフォルダを指定する。

その後、「unfuz」のボタンを押すと、画面のように.wavファイルに変換されている。

 

これをなにで実行するかはご自由に。

ちなみに、このファイルは同胞団のアイドル・アエラ様でした。

 

 

Whiterunの簡単な歴史

f:id:speakeir:20171017200228j:plain

 

elderscrolls.wikia.com

 

アトモーラ大陸の内戦から逃れるため、タムリエルに上陸したイスグラモルは、サールザルの悲劇(ウィンターホールド大学クエスト)、カウンター上陸とスノーエルフとの戦争(DLC・ドーンガード)を経て、スカイリムの地を人間の支配する大地とした。

 

彼らは、スカイリムの中央、ホワイト川が流れる肥沃な大地にある、小高い丘に拠点を構築する。ヨルバスクル(ジョルバスクルじゃなくて、英語ではヨルバスクルと呼ぶ。Jの発音の違いですな)だ。

ヨルバスクルの後背には名高い、スカイフォージがある。

スノーエルフを駆逐するに際して、イスグラモルに率いられた500人の同胞団たちに由来する同胞団は、ここを拠点にスカイリムにおける戦士ギルドの役割を担った。

 

第1紀、隻眼のオラフはアンソール山の頂上でドラゴン・ヌーミネックスとの闘いに勝利、彼を生け捕りとしてホワイトランの首長邸に閉じ込めた(メインクエスト及び吟遊詩人大学クエスト)。ここから、首長邸をドラゴンズリーチと呼ぶことになる。

 

第4紀、ラスト・ドラゴンボーンは偶然が重なり、ホワイトランの首長・大バルグルーフの元を訪れ、流されるままにドラゴンボーンとしての人生を歩むことになる。

この時点でホワイトランは、有力な二つのファミリーによって分断の様相を呈しており、一方大バルグルーフは特にどちらかの旗色を明確にしているわけではない。ただ彼自身や側近は、いかにもノルドという衣装を身に着け、ドラゴンズリーチのたもとにはスカイリムでも珍しいほど巨大なタロスの神像がある。しかし、必ずしもストームクローク派が優遇されているのではなく、帝国派の方が幅を利かせている。まさに、スカイリムを象徴する混沌とした状況にあるが、スカイリムの中央にあるだけあって、活発な交易を忍ばせる雰囲気がある。

あと、様々なクエストでホワイトランの歴史に触れる機会が多いのも面白い。

広告を非表示にする