日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

このブログについて

SkyrimFallout等の日本語化、日本語化ツールについて記述していますが、基本的に「記事のメンテナンス」は行っていません。

日本語化の方法は刻々と新しく、簡便な方法が生まれています。

それに合わせて(他の方々の苦労を剽窃するように)改変することが、私は正しいことだと思っていません。そうした方法を苦労して発見した人に尋ねるほうが、幾万倍も正しいことだと思います。

記事の内容は、記述した時点で最新であり、正確であり、確実であることを確認して記載していますが、古い内容、あるいは不正確になりつつある内容を含みます。

その点、ご理解いただいて、このブログをご活用ください。

f:id:speakeir:20181010143727j:plain

フリーダム・トレイル

ja.wikipedia.org

Fallout4では、レールロードとの邂逅(しかも、主に装備系の目的)のために使われるルート。ボストン中心部にある、ボストンコモンを出発地としている。

目的は、ボストンから始まった独立戦争、そしてアメリカ合衆国自由の歴史をたどる、という性格のものだ。

でも、結局オールド・ノース・チャーチがゴールなので、それ以上は誰もいかない。ある程度、探ってみようと思った。

 

①ボストン・コモン

Commonは公共、共同の、という意味なので、そのまま「ボストン公共公園」的な。共同利用できる空間という意味合いだ。

f:id:speakeir:20190818185848j:plain

いまは都会の真っただ中だけれど、独立戦争中は牧草地だったんですな。

 

マサチューセッツ州会議事堂

f:id:speakeir:20190818185937j:plain

あります。中のダンジョンの存在を知ったのは、ゲーム初めてだいぶたってからだった。

③パークストリート教会

f:id:speakeir:20190818190106j:plain

解説板はナシ。ボストンコモンの脇にあって、目立つ古い建物。中には入れたら面白いのにね。会衆派教会プロテスタント教会の中でもリベラルで、社会問題にも積極的に聖書との折り合いをつけようとする。

 

④グラナリー墓地

f:id:speakeir:20190818190409j:plain

ボストンで三番目に古い墓地。

エミリア・バトラーって誰?って思う人が続出したけれど、ベセスダ風のいったもん勝ち歴史のひとつです。女優っぽい名前だけれどね。

 

⑤キングス・チャペル

f:id:speakeir:20190818190630j:plain

どうみてもここなんだけれどなあ。なくなってる。

フリーダム・トレイルの対象はキングスチャペルより、どちらかというとこの教会が建設されたキングスチャペル墓地にある。もともと、公共墓地があって、教会を建設するときに植民地時代の土地所有者たちが教会建設用地を売らなかったことから、墓地の中に建設されたのがキングス・チャペル。こちらが、ボストン最古の墓地であり、なんと植民地時代から存在する。

ゲーム上では、なんかでっかい建物によってなくなってます。

 

ベンジャミン・フランクリン銅像と旧ボストン・ラテン・スクール

これも存在せず。地図では⑤の真裏当たりにあるみたいだけれど。

 

⑦オールド・コーナー書店

f:id:speakeir:20190818191337j:plain



⑧オールド・サウス集会場

これもありません。

結構特徴的な建物なので、再現されてたらなかなかの見ものだったでしょうな。

 

⑨旧マサチューセッツ州会議事堂

f:id:speakeir:20190818191316j:plain

グッドネイバー内。ハンコックのお住まいですな。

解説板はその境界外に立っています。

 

⑩ボストン虐殺地跡

これもなし。

名前からしておぞましい表現ですけれど、市民とイギリス正規兵の衝突事件で、死傷者11名の「虐殺」という表現がすこし大げさに感じられる事件。独立派はこの事件を喧伝するためにあえて、「ボストン虐殺事件」と名付けた新聞を作成、各地に配布することで、アメリカ植民地の蜂起を促したわけです。

 

⑪ファニエル・ホール

f:id:speakeir:20190818191529j:plain

 

ポール・リビアの家

f:id:speakeir:20190818191907j:plain

核戦争をよくぞ生き残った(当時のままとは言っていない)。

 

⑬オールドノースチャーチ

f:id:speakeir:20190818192051j:plain

これは以前、一度取り上げました。

 

⑭コップズ・ヒル墓地

f:id:speakeir:20190818192127j:plain

ここからは解説板ナシです。

元々は「北の埋葬地」と言われた墓地で、独立戦争前後から近代にいたるまで、多くの著名人を埋葬した墓地。実は1951年頃のフリーダムトレイルからは除外されていたのですが、1970年代の文化財指定によって編入された歴史をもつ。

コップという名前は、近所に住んでいた靴屋のウィリアム・コップに由来するそうです。

 

en.wikipedia.org

⑮コンスティチューション号

これは、もうね。

 

⑯バンカーヒル記念塔

f:id:speakeir:20190818193135j:plain

キュリーさんの足元にある通り、オールド・ノース・チャーチ以後も赤いタイルはあります。結構丁寧に探さないとダメだけど。

こういう散策も、たまには面白いね。

なお、時々登場するキュリーさんは美化されております。

Modマネージャーの違いと基本的知識

Mods導入時に用いられるModマネージャーは現在、幾種類か存在します。

 

元々、Modはマニュアル導入が基本でした。しかし、導入するのはいいけれど外すとき、どのファイルを導入したか調べなおさないといけなかった点から、マネージャーが必須となります。

Oblivionユーザーに愛用されたのが

www.nexusmods.com

そう、割りばし。

このマネージャーは様々な管理ツールも併設されていて、セーブデータ管理までできる優れものでした。

もちろん、

www.nexusmods.comOMMは、日本語ユーザーには必須アイテムになります。日本語化Modが推奨するマネージャーがこれでしたね。

 

Skyrimは当初、Oblivion系Modマネージャーの発展型を用いる人、

www.nexusmods.comNMMを用いる人などがいましたが、驚くべきことに、このころのModder各位の中にはマネージャーよりマニュアルインストールを推奨する人も多かったのです。たぶん、自分の環境がマニュアル導入だったからでしょうね。

そしてこのころから、Modder側の環境とユーザー側の環境が異なり、Mod導入の結果バグなどが発生するという問題が起こってきます。それだけ、Mod利用環境が当然になってしまったからでしょう。

 

SkyrimからSkyrimSEに移行するころだったと思いますが、Modを仮想導入する手法が流行します。

www.nexusmods.comMod Organizerの登場です。ゲーム実行をこのマネージャー上で行うことで、Modを仮想導入します。結果、ゲーム本体ファイルには一切書き込みを行わない。つまり、ゲーム本体ファイルが初期導入のまま「きれいなまま」で大量のModを導入できるというのが利点でした。

なぜこんな点が重視されたのか。このころのModは相互に干渉することが多く、またModder各位の志向も、Modユーザーの爆発的な増加に伴って、あらゆる方面に拡大していきます。ゲームバランス変更、ゲーム環境の変更、季節や風土の変更、さらにはゲームエンジンのみを利用して全く異なる世界を創造する人まで出てきます。こうなると、当然ながら様々なMod相互の干渉が激しくなり、その調整が難しくなります。

それまで、このMod配置を適切に行うべくして有志連合によるリストの作成と公表が行われていました。BOSSですね。その後、これはLOOTに進化します。しかし、これらの有志の活躍でもカバーしきれないほどのModが出回りだすと、ゲームユーザー個々の環境で起動しない、バグが起こる、CTDが多発するなどの障害が生じます。

そこで、各ユーザーは、こうした致命的ミスが生じるとゲームファイルをクリーンしなければなりませんでした。クリーンインストール、初期化という作業です。

そして、初期化を行ったうえで作成するクリーンセーブデータを新たな起点として、再度Modを導入してみる、するとどのModが干渉しあっているのかわかるわけです。

仮想Mod導入ツールとしてのMOは、まさにこうした多くのユーザーの求める環境を再現する、必須アイテムとして登場したのでした。

 

ただ、MOは仮想です。様々な上書きファイルは「Overwrite」フォルダに格納されており、この調整をユーザーサイドで行う必要があります。できる人ならばいいのですが、このころからMod初心者の方が急増します。

Mod初心者の方は、Mod導入には「MOがいい!」というネットの評判をそのまま信じてMOスタートの方が多いのではないでしょうか。しかし、MOは仮想という環境である以上、ユーザーサイドにも相応の知識と経験値を求めます。この点、実はMod導入はNMMや割りばしなどのほうが、具体的にどのようなファイルが、ゲーム本体にどのように導入されているかわかるので、トラブル回避などもしやすかったのは否めません。また、そもそもMod導入は失敗を重ねて学ぶ知識が大半です。そうした知識を公開する人はいませんし、失敗の知識はここで千差万別なので、公開してもあまり役立ちません。結局、自分でCTDとかフリーズとか無限ロードとかを経験して、

「そうか、こういうModはこういう問題が生じるんだ」

という経験値を高めなければなりません。その結果、NMMや割りばし、MOの選択をすべきだと私は思います。

 

現在、多くのModユーザーに支持されているのは、開発終了したNMMと、

www.nexusmods.com

MO2です。

でも、実際に導入する上での問題点、仮想で導入する上での問題点は、ここで経験しないとわからないのではないか、というのが個人的な意見です。

 

www.nexusmods.com

多くのユーザーを抱えるCBBEについても、

f:id:speakeir:20190729135032j:plain

MO2を利用する場合のiniファイル編集方法を注記しています。

でも、案外Modユーザーの多くは、いちいちModページのDescriptionを丁寧に読まないんですよね。これ、海外の人も多いらしくて、POSTページで罵倒されるユーザーをよく見ます。某大型掲示板でいう「一生ROMってろ」と同じでしょうね。

 

現在、マネージャーの数は増え、様々な環境でゲームを実行できるようになりました。その分、ModユーザーはしっかりとModder各位の説明文を読み、理解しなければなりません。これは、昔から変わりません。

 

時々Mod紹介サイトなどで罵詈雑言が繰り広げられるのを見ると、すこし悲しくなります。古参Modユーザーは失敗の経験から、こうしたことを熟知している。でも新参ユーザーはそうではない。親切心から作られたページに誘導されるまま、あまり学ばずにModを導入して起動しなくなったりする。で、様々なサイトで相談する。すると「一生ROMってろ」と罵倒される。

もう少し、優しい環境があってもいいんじゃないか、という目的でこのブログをはじめました。

で、最近はどうもModマネージャー由来の環境相違、多発する問題が多いんじゃないか、と思えるようになってきました。

なので、こういう記事を書きました。

【Vortex】Modのインストールなどなど

www.nexusmods.com

今回は、Vortexの基本的操作方法、Modのインストールまでを書きます。

 

【Vortexの概観】

 

f:id:speakeir:20190718195224j:plain

立ち上げた時点での画面は、「ダッシュボード」です。左上にありますね。

基本画面で注目しておきたいのは、次の点です。

 

f:id:speakeir:20190718195317j:plain

設定>インターフェースで「日本語」を選択しておくこと。NMMは全編英語だったので、だいぶ扱いやすいインターフェースになりますな。それ以外は、基本的にはインストール時のデフォルトでいいと思います。

f:id:speakeir:20190718195422j:plain

Modタブ。ほとんどこのページがメイン画面といってよいのではないか。インストールは後で書きますけれど、一番左の「状態」で有効化していなければ、インストールされていても有効じゃありません。なんていうのか、データは入ってるけれど作動しない、ということですかね。

また、アンインストールも一番右で操作できるようになりました。結構慣れると見やすい画面。

f:id:speakeir:20190718195610j:plain

プラグインタブ。Espなどのプログラムファイルの読み込み順を表示します。Modでは、これが案外重要ですよねえ。

Vortexは、Lootなどの既存のロードオーダーを踏襲しているそうです。いちいち、Lootを起動しなくても、Vortex内での再配置システムで設定してくれるという。なかなかの優れもの。

 

f:id:speakeir:20190718195828j:plain

Modタブ、上のメニューから「Modの配置」を押すと、右上で「配置中」というポップアップが出ます。結果は同じところに出ます。

 

というのが、Vortexの概観。

 

【Modのインストール】

 

Vortexを使ってModをインストールします。

まず、Vortexの設定を確認しておきます。

f:id:speakeir:20190718203346j:plain

左の「設定」から「ダウンロード」を選びます。一番上、「サイト上の~」をオンにします。書かれている通り、Nexus Modsのページにある、 「Mod Manager Download」ボタンを押すと、Vortexが自動で起動するようにしなければなりません。じゃないと、いつまでたってもNMMとかでダウンロードすることになりますからね。

 

f:id:speakeir:20190718203525j:plain

僕の場合、ゲームにはFirefoxを使っています。ブラウザも選べる時代ですからなあ。

Firefoxの場合、オプションから一般タブ、プログラムの項目で、nxmに対してどのソフトウェアを起動させるかという設定項目があるので、Vortexになっていることを確認します。

 

www.nexusmods.com

今回は、日本語フォントModを入れます。関係ない話ですけど、ベセスダ系ゲームってフォント次第で没入感が大きく変わる気がする。

 

f:id:speakeir:20190718205352j:plain

NexusModsページ、Fileタブを押すと、ファイルページに遷移します。

では、さっそく 「Mod Manager Download」を押してみます。

f:id:speakeir:20190718205440j:plain

Vortex画面の右下に、こんなメッセージが出たらリンクが成功していることになります。

f:id:speakeir:20190718205511j:plain

画面右上に、ダウンロード完了の表示。すべてインストールを押します。

f:id:speakeir:20190718205538j:plain

インストールされてるゾ

f:id:speakeir:20190718205558j:plain

選択画面が出たゾ。

f:id:speakeir:20190718205614j:plain

f:id:speakeir:20190718205625j:plain

f:id:speakeir:20190718205634j:plain

最後に、「すべて有効化」を押します。たいていの場合、その上のメッセージ、「配置」は有効化と一緒にやってくれます。

有効化と配置が完了したら、ゲームを起動して確認します。

 

こんな感じですね。

【Vortex】NMMからVortexへのModインポート

www.nexusmods.com

 

Vortex自体の導入については、様々な詳しいサイトがありますので、そちらをごらんください。

 

NMMでのMod導入について記事にした責任上、Vortexへの移行を簡便にする、インポート機能を説明していきたいと思います。

 

f:id:speakeir:20190715191846j:plain

Vortexを立ち上げると、左のメニューにゲームがあります。これをクリックすると、すでにサーチして登録しているゲームが見えます。SSEをサンプルに話を進めます。

SSEをクリックして、VortexをSSEモードにします。

 

f:id:speakeir:20190715191943j:plain上のメニューから、「Import From」にポイントすると、NMMとMOが選択できます。NMMの方をクリック。

f:id:speakeir:20190715192051j:plain

ながーい説明文が出てきます。よく読みましょう。読み終わったら、右下の「セットアップ」をクリックします。

f:id:speakeir:20190715192137j:plain

これは結構短い(主観的)。NMMのModsをサーチしてくれている。

f:id:speakeir:20190715192238j:plain

NMM上で導入しているMods一覧が出てきました。そのまま、右下の「インポートの開始」。

f:id:speakeir:20190715192312j:plain

これが長い(当たり前)。Modsをコピーしています。

f:id:speakeir:20190715192335j:plain

最後に、インポート成功の画面がたいてい出ます。失敗したことないからしらない。完了を押して、インポートは完了となります。

 

ただ、この時点ではインポートしただけで、Modが有効化されていません。有効化するには、すべてのModsを有効化しなければなりません。

 

このあたりの説明いるかな。まあ、見ている人の反応で、今後VortexでのMods導入方法などを説明していくかもしれません。わかりません。

 

とりあえず、NMMからVortexへの引越し編でした。

Mod導入とアンインストール記事について。

現在、NMMは実質的に利用できません。

ログインできないからです。

Nexus Modsも公式でNMMじゃなくてVortex使って!と訴えています。

 

そういうわけで、私もVortexに乗り換えたわけなんですけど、じゃあ責任取ってVortexの記事書こうかな、と思ったけど、すでに分かりやすい説明サイトがいくつもあるし。書く必要ないんじゃないか、と思っています。

 

最近、あんまりにもNMM系のアクセスが多いので、まだNMMで頑張ってる人がいるのか、それともVortexが扱いづらいからなのか。

なれると簡単ですよ。NMMみたいな、「うぅ~、おれMod入れてるぅ」感はないけれど。

 

お知らせです。

fallout4 公式英語版日本語化

ということで、Fallout4公式英語版を日本語化する記事です。

このブログらしい内容ですが、いまさらかよ。

 

現在、FO4の日本語化については、皆さまご存じのとおり、

fallout4.blog.jp

そう、Fallout4情報局様の情報が最も普及しているかと思います。

 

すみません、情報局さんに許可もらわず引用しています。問題ありましたらすぐに訂正します。

 

現状では、情報局様の導き通りに日本語化するのが最もポピュラーです。問題点としては、記事の内容が2年前であること、情報局様が善意で配布されているファイルも、当然2年前のままであること。

式日本語版も公式英語版も、ただバグフィックスだけのためにアップデートが行われているわけではない。ファイル構成などが変わっていくことも十分あります。結果として、2年という歳月は、情報局様の配布されているファイル自体が必ずしも、最新のものではない可能性が大いにあります。これが唯一の問題点でした。

 

そこで、こちらのサイト様を導き手(同胞団的な)として、公式英語版を日本語化しようと思います。どうぞ、よろしくお願いします。EIHEIさんがコドラクさんになるわけです、クドイですね、もうやめます。

 

なお、現在公式日本語版をインストールしている状態である、という前提で記事を進めます。

 

前提

以下の記事は、情報局様が配布されているファイル、および情報局様方式の日本語化の方法について書きます。これを理解しているか否かは、とっても重要です。

「日本語化する方法だけ教えてくれりゃええねん!」って人は飛ばして①に行ってください。

Skyrimの英語版日本語化方式で四苦八苦した層ならばよくご存じの通り、公式英語版は常に最新のアップデートという恩恵を受けます。一方、日本語版は「おま国」扱いなので、基本的には最後のほうになります。しかも、現在Fallout4の日本語版は一切アップデートされていません。どこまで冷遇されとんねん。

これは、様々なModを使う上で非常に不便です。そもそもF4SEすら、古いバージョンを探してきてダウンロードしなければならない。

公式英語版を日本語化するのは、Modなどを円滑に活用するための重要な術であるといっても過言ではない。

 

Skyrim時代、日本語化の手順は極めて煩雑な手作業でした。その後、実行ファイルのバージョンが英語版と日本語版で統一されたので、大変簡便になりましたが、こうした経験値があるか否かで、ユーザーによって日本語化に対する抵抗値が変わったような気がする。個人的に。

 

ベセスダのゲームは、少なくともSkyrimとFallout4は、実行ファイル以外は原則として、多言語対応ファイルで構成されています。試しに開いてみたらわかりますけれど、一つのファイル(梱包されてBa2ファイルなどになっているやつ)には、英語や日本語用ファイルが一括して梱包されています。

ユーザーが言語を選択すると、実行ファイルがその言語ファイルを読み出し、実行するわけです。

そこで、日本語化と大げさに言っている作業は、この実行ファイルにトラップを仕掛けるような感覚です。英語ファイルに見せかけて、中身は日本語ファイルを取り出させる。これで、実行ファイルは英語で表示していると錯覚しているのです。ファイル名を変えるだけなので、ゲームの改造というほど、大きな話ではありません。

情報局様の方式は、この最低限度必要なファイルを梱包してModとして認識させるという方法です。

Fallout4は、本体のファイルを読み込んだのち、Modファイルを読み出します。Mod導入数が増えれば増えるほど、実行するのに時間がかかるのは、ファイルの読み出しに時間がかかるからです。

情報局様は、ゲームファイル自体に手を入れて日本語化するよりも、Modとして日本語化に必須なファイルを読み込ませることで、ゲーム本体に加える手数を最小限にとどめようとする、大変スマートな方式です。

 

ただ、問題点がないではない。

というのも、Fallout4、およびSkyrimのMod環境はこの2年で大きく変わりました。

www.nexusmods.comそう、MO2の安定化です。このツール、ゲーム本体に影響を与えないという点で大変魅力的なのですが、結構扱いづらい。Skyrimのとき、ずいぶん他に与える影響が大きかったので、私はNMMに戻しました。

 

あと、NMMもVortexに移行しました。

 

Nexus Modsの様々な作品ページを見ていると、実はModマネージャーを指定している作者様が多い。これは、様々なマネージャーが普及することによって、ユーザーからの問い合わせも多様化していること。作者様も、いちいち様々なマネージャーでテストしているわけではないし、そもそもModはボランティアだし、そこまでする必要はないのに、このマネージャーでの導入でバグが~という問い合わせを事前に防ぐためです。

 

情報局様の日本語化手段は、ゲーム本体に与える影響を最小限にする、という点で大変スマートです。しかし、ユーザーの環境が多様化してしまうと、ね。

 

そこで、ここではSkyrim時代に戻って、大変面倒でゲーム本体に甚大な影響を与える、大変スマートではない方法を説明します。しかし、この方法が現状では、比較的安定していると思います。

 

 

①ファイルの準備

情報局様の配布されているファイルの解析から始めましょう。

 

f:id:speakeir:20190708181923j:plain

 

さっそく情報局様のデータをダウンロードしてみると、二つのフォルダから成り立つことがわかります。

f:id:speakeir:20190708182035j:plain

 

もうSkyrimのとき、いやって程見たこれ。interfaceフォルダStringsフォルダ

interfaceフォルダはコマンド画面に関するデータです。そのままですね。ゲームするときのインターフェース。

Stringsフォルダはセリフやアイテム名など、ゲームの中の言語関連ファイル。両方ともとても重要。

 

 

f:id:speakeir:20190708182157j:plain

interfaceフォルダは4つのファイルから構成されます。フォント関連とインターフェース関連のファイルです。

 

 

f:id:speakeir:20190708182326j:plain

Stringsフォルダは21のファイルで構成されます。Fallout4本体のStrings、およびDLCのStringsファイルです。

いずれも、記事が書かれた当初のデータ内容となります。

 

では、さっそく現在の、最新のファイルを自分で用意してみましょう。(お前が最新のデータを配布してくれればええやん、というのはナシです)

使うツールは、当ブログで何度か紹介している、

www.nexusmods.com

speakeir.hatenadiary.jp紹介したときのページも添付しておきます。

 

ここから、ゲームデータを直接操作することになります。

必ず、バックアップを作成しておきましょう

 

f:id:speakeir:20190708182804j:plain

どこか、日本語化用のフォルダを作成して、その中に「公式日本語版」というフォルダを作りましょう。

 

f:id:speakeir:20190708182839j:plain

 

必要となるのはbsaファイルといわれる、ba2の拡張子がついているファイルです。Modをすでに入れている人は、Modの中に同様のファイルがあるかもしれませんが、あくまでゲーム本体だけで十分です。上の画像は本体のba2ファイルです。DLCも必ずバックアップしておきましょう。

 

 

f:id:speakeir:20190708182531j:plain

FileタブからOpen Archiveを選択。

 

f:id:speakeir:20190708183009j:plain

Fallout4-Interface.ba2ファイルを選択。

 

f:id:speakeir:20190708183036j:plain

開きました。

 

ん?情報局様のファイルにある、「fonts_original.swf」がない。しばらく探してみましたが、やはりない。

 

f:id:speakeir:20190708183050j:plain

とりあえず、「fonts_console.swf」で代用しておきましょう(テキトーテキトー)。CTDしたら情報局様のファイルからコピペすりゃええし。

 

任意のファイルを選択してから、右クリックでメニュー、「Extract Folders」を選択。

f:id:speakeir:20190708183319j:plain

すると、Interfaceフォルダが自動生成されて、任意のファイルが格納されています。

上の画像では、Translateファイルが二つありますけれど、気にしないでください。Jaファイルだけが抽出されていれば大丈夫です。

 

同じba2ファイルに、本編Stringsファイルもありますので、これも「Extract Folders」で取り出しておきます。

また、DLCのStringsファイルは、

 

f:id:speakeir:20190708183403j:plain

それぞれ、Mainと書かれているba2ファイルから抜き出します。

 

f:id:speakeir:20190708183500j:plain

21ファイルあるかな、ちゃんと間違いなくあることを確認しましょう。これらは、後でリネームなどしますので、必ず公式日本語版のバックアップとして、大切に保存しましょう。

 

 

次に、Voiceファイルを保存しておきます。

f:id:speakeir:20190708183745j:plain

これらは、ツールを使わずそのままコピペでいいです。本体以外のファイルが「ja」とありますね。日本語音声ファイルということです。

 

※ 日本語化に際して、当たり前といえば当たり前なんですが、オープニングなどのムービーは英語のままです。そこで、ムービーの日本語化もしたい、という人は、Dataフォルダ内の「Video」を必ず、バックアップしてください。

というのも、どうも最新公式英語版のVideoフォルダ内には、日本語化ファイルが一切入っていないようなんです。いずれ、ムービーの日本語化についても整理して掲載したいと思いますが、とりあえずバックアップすることは忘れないようにお願いします。

 

 

ここまでで、必要なファイルの抽出と保存は終わります。

 

②準備

ファイルのリネームなどをします。

f:id:speakeir:20190708185624j:plain

あらかじめ、フォルダを3つくらい作った方がいいかもしれない。いや、強制じゃないですけど。

 

「fallout4英語版日本語化用」が作業フォルダです。他の二つは保存用です。うすい本の観賞用と保存用みたいなもんです。

これは僕の方法なんですけれど、先ほど抽出したファイルを保存用で残し、全部まとめてコピペして作業用フォルダを作り、以下の作業は作業用フォルダ内だけで完結したほうがいいです。後で困る可能性が極めて少なくなります。

 

作業は、すべてリネームです。ファイル名の一部を書き換えます。

 

a) Voiceファイル

 

たとえば、ファーハーバーのファイル「DLCCoast - Voices_ja.ba2」は、「DLCCoast - Voices_en.ba2」とします。

本体以外はすべてリネームしておきます。

f:id:speakeir:20190708185805j:plain

これでよし。

 

b) interfaceフォルダ

 

「Translate_ja.txt」を「Translate_en.txt」に変えます。

 

c) Stringsフォルダ

 

同じようにリネームします。

「DLCCoast_ja.DLSTRINGS」→「DLCCoast_en.DLSTRINGS」。

f:id:speakeir:20190708190121j:plain

これで準備が整いました。

 

ここまでの準備で、ほぼ完了となります。情報局様との違いは、interfaceフォルダ内に「fonts_original.swf」がなく、代わりに「fonts_console.swf」があったのでとりあえず抽出した、という点だけですね。

 

 

③公式英語版の日本語化

 

f:id:speakeir:20190708190247j:plain

Steamで、ライブラリタブからFallout4を右クリック、プロパティを選ぶと、ウインドウが開きますので、言語タブを押す。「English」を選択すると、自動で公式英語版の実行ファイルがダウンロードされます。

 

ダウンロードされた時点で、いちおう公式英語版を保存してもいいかもしれません(僕はしませんでしたが)。まあ、失敗したら最初からやり直したらええやん。

 

公式英語版のダウンロードが完了したら、準備したデータをまとめて、上書きします。

Voiceファイルは元々あったDataフォルダ。

InterfaceとStringsフォルダも同じくDataフォルダに上書き保存します。

 

 

最後の締めに、

C:Usersユーザー名DocumentsMy GamesFallout4

のフォルダに、Fallout4.iniというファイルがあります。

f:id:speakeir:20190708190640j:plain

テキストファイルです。開いて、「sLanguage=」のところを、jaとなっていたらen

にして完了となります。

 

※iniファイルに追記しなければ、日本語化しない場合があるというご意見をいただきました。当方は以上の方法で日本語化しましたので、原因がわかりません。

可能性として、他のModなどであらかじめ、もともとのbs2ファイルからデータを読み出すよう指示が出ていて、上記方法で抽出・導入したファイルを読み込まない(或いは前に読み込んでしまって、後で上書きされてしまっている)、という可能性があります。つまり、インターフェース系のModをあらかじめ導入してしまっていると、そのModの命令を遵守してしまい、上記のルーズファイルを読み込まない可能性があります。

詳しい状況は今も調査中ですが、もし上記日本語化で失敗した場合は、あらかじめ導入しているインターフェース系Modを外してみてください。

 

F4seの更新等、パパッとすませて、立ち上げてみましょう。

立ち上がらない?どこかやり忘れてない?もう一度見直してみましょう。

 

以上となります。

 

※2019年7月28日 iniファイルに関する追記