日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

ウィンドヘルムの手紙

スカイリムの歴史は殆ど、分からない。

このあたり、ベセスダらしいなあ、と思う。後付け・改変・創作上等かかってこいや、的な。

 

中でも、その断片を探る書籍はいくつかある。

『ウィンドヘルムの手紙』

 

elderscrolls.wikia.com

ウィンドヘルムの手紙 : Skyrim Library

 

体裁は、第三紀に焼けた民家の金庫から発見されたもの、という。発見された手紙はおそらく、第二紀のものだろうと推測されている。

 

登場人物は、手紙の差出人リーリア(Reylia)、宛先は夫と思われるテッサロニウス(Thessalonuis)、二人の子供であるステッスル(Stessl)とシャプル(Shapl)。間接的に、無責任なエルグリル(Elgryr the Unminded)。エルグリルはウィンドヘルムの首長、ヤールである。

 

冒頭は困窮するウィンドヘルムで生活する妻から、ソリチュードで働く(あるいは兵役に就く?)夫への手紙であったり、仕送りを求める内容なのだが、最後の二通で変化が生じる。

子供二人が書いた手紙に、お客さんが多いという記述があり、その後、最後の手紙では妻リーリアが反体制派を糾合し、反乱を起こしたと告白する。どうも、妻リーリアは反乱軍の指導者層だったようで、賛同する人々を家に招き入れ、ついに反乱を起こしたようだ。その結果は不明である。

 

手紙は、首長から各家に発給される徴税請求書の裏面に書かれていたようで、羊皮紙などの紙代替品ではなく、紙らしい。

 

気になるのは、夫だけ明らかにローマ風の名前、つまりインペリアルと思われる点で、他はスカイリム特有の、北欧風だということだろう。スカイリムに駐屯してきたインペリアルと地元・ノルドの女性が結婚したのか、インペリアル系の交易商人が、海運で通じるソリチュードとウィンドヘルムを行き来しているとき、ノルド女性と結婚したのか。いずれにせよ、人種はインペリアルの夫とノルドの妻という可能性が高いだろう。

 

第二紀という時代は、シロディールでレマン一世が即位し、いわばドラゴンボーンの王朝が始まった時期にあたる。この時、シロディールの帝国は属州に対して、帝国軍を受け入れ、属州独自の軍事力は極力削減するよう求めていた。その結果、オブリビオン動乱の際は属州独自の兵力がなく、帝国軍がシロディール防衛のために属州から引き揚げたため、属州の帝国への支持が低下し、帝国自体の求心力が衰えるのだ。

そういう背景を考えれば、やはり夫はシロディールから派遣された帝国軍で、もともとはスカイリム最古の都市・王都であったウィンドヘルムに駐屯していたが、最も帝国派都市であるソリチュードに異動した、そのままウィンドヘルムに戻ることができなかったと考えるのが自然だろう。

また、手紙の内容から考えると、ウィンドヘルムの統治は混沌としており、いわば恐怖政治が敷かれていた。家族がウィンドヘルムにいるといっても、帝国軍はウィンドヘルムへの進駐が難しい政治事情があったのだろう。

じゃあ、なんで家族はソリチュードに移住しなかったのか、それは個々の事情だろう。今日のように気安く移住できる時代ではなかっただろうし、インペリアル軍人と結婚することを考えると、妻の一族はもしかしたら、ウィンドヘルム貴族だったかもしれない。そもそも、都市に住めるというのはそれだけの特権を有しているということだから、相応の地位をもった家族だったのだろう。

 

手紙はすべて、ソリチュードに保管されていたが、混沌とした情勢でいつしか、金庫に眠ったまま放置された。ソリチュードにせよ、ウィンドヘルムにせよ、塀の中に住めるというのは「市民権」であって、相応の権利である。家を相続するには王の許可が必要なので、テッサロニウスが去ったのち、住んだ家族は家の中にある金庫もろもろ、家財道具すべて相続して生活していた。それが火災によって全焼し、幸い残った金庫に、これらの手紙があったということだろう。

もっとも、耐火金庫がこの時代の技術で存在するかが最大の謎なのだが。

 

 

ミード・酒・水

書くことがないので、うんちくを。

 

中世ヨーロッパではもっぱら、酒類しか飲み物がなかったことは一度書いた。

 

ヨーロッパでは新鮮な水というものが枯渇していた。疫病の原因にもなる、腐敗した水を飲む人はとても少なく、自然、喉が渇くと酒を飲んでいた。

大航海時代によってコーヒーや紅茶という日常的に飲める飲料が誕生すると、爆発的に発展する理由は、そういったノンアルコール飲料があまりにも少なかったからだ。

人々は、喉が渇くと酒を飲む。だから日常からすこしほろ酔いだった。

 

Skyrimの各都市には井戸がある。

サバイバル系Modでは、井戸で水をくむという方法で飲料調達を行うが、これは実はありえない。今日のヨーロッパでさえ、ありえない。いや、厳密には日本以外ではありえないといえる。

海外の人は、旅行に出向くと必ず水を買う。だから清潔な水は十分な商材として成立している。日本でも最近は水が一般的に買うものになりつつあるけれど、これは実は不要で、日本では水道水が飲める。

江戸時代以前の日本でも、井戸は万病の原因だった。だからみな、煮沸して飲む。日本には幸い、大陸から到来した茶の文化が古くからあるから、案外早くからノンアルコール飲料が存在した。

 

Skyrimの世界では、酒か水しか飲み物が存在しない。これは、茶の木やコーヒーの原料が存在しないからであって、ノンアルコール飲料が存在しないことを意味する。あらゆるところに転がっているゴブレットなどを見ればわかる通り、もっぱら多くの人々の飲み物は酒なのだ。

 

メイビン・ブラックブライアの財力の源である蜂蜜酒は、一見嗜好品のように思える。しかし、そうじゃない。一般的な飲料であり、必要不可欠な飲み物だった。いわば、ブラックブライアはSkyrim中の生活必需品を独占する、最も強力で強大な企業なのだ。

 

一方、中世ヨーロッパのように宗教と生活が密接不可分な世界観では、「酩酊している」状況はとても重要だった。酩酊している中で神とのつながりを実感し、神の降臨を確認する。人は、酒の力で宗教世界との強いつながりを実感する。酒は今日のように不貞な飲み物ではなく、神とのつながりを確認する、神聖な飲み物だった。

 

TESの世界ではエイドラもデイドラも実在する。ただ、タロスだけは実在する神として我々の前に姿を現すことは無い。

いずれにせよ、酩酊するということは神々との交信を意味する。酒は神聖にして不可侵なものだった。

また、エール(ビール)やワインのように複雑な製法を必要としないミードは、Skyrimのような世界観には適合している。エールやワインは製法が大変で、Oblivionでは巨大なブドウ畑とワイン工場があったように、いわば「企業」規模での製法が必要となる。Skyrimの地は北国すぎて、ブドウをプランテーション化することができなかったのだろう。蜂蜜酒が広範囲に受け入れられ、ブラックブライアが莫大な富を手にした原因は、ここにあるといっていいだろう。

 

そんなことを考えながら、リフテンを散策すると見方が少し変わるような気もする。

広告を非表示にする

Skyrim 細かなバグ・不具合対応

暇を見つけてはSkyrim

ふつーにプレイしているし、記事にするほどの内容がない。

 

 

最近、遭遇した不具合を書いてみようかな。

〇配達人が行方不明になる。

 配達人はどこかで死ぬことがあるらしく、いつまでたっても手紙が届かないということも起こりうる。僕の場合、ソリチュードの狼の女王クエスト関連で、手紙が届かず、クエストが進まないという事態に陥った。

 そこで、配達人を復活させる必要が生じた。

 配達人などのNPCを復活させるには、RefIDというのを調べる必要がある。

 

TesvRefidPicker - Showing RefID of NPC at Skyrim Nexus - mods and community

 

日本語にも対応しているツール。

f:id:speakeir:20171121222523j:plain

Optionから言語が選べます。Fileタブから、データを読み出します。

f:id:speakeir:20171121222552j:plain

全部チェックして、OK。

f:id:speakeir:20171121222618j:plain

この配達人。

RefIDは「00039FB7」。

ゲーム上では、まずコンソール画面を読み出し、

 

prid 00039fb7

 

と入力。すると画面の真ん中に"00039fb7"が表示される。ターゲットされた、ということ。

次に、

 

moveto player

 

と入力してみる。生きていれば、コンソール画面を閉じたら目の前に配達人が現れる。死んでいたり、行方不明の場合は反応がないので、

 

enable

 

と入力したあと、復活のじゅもん、

 

resurrect

 

と入力する。最後にmoveto playerを入力すると、目の前に現れるという具合。

 

〇吸血鬼のオリジナルNPCの、顔だけ黒い

これはLE版でも話題になったバグ。

Dawnguard - Vampire Face Fix at Skyrim Nexus - mods and community

LE用バグフィックスを導入すると治ります。

 

こんなところかな。

久しぶりの英語音声プレイ

f:id:speakeir:20171101221154j:plain

ドーンガード編に入ってから、英語音声版でプレイしております。

なかなか新鮮。

英語音声で遊ぶと、発音が微妙に違うことを知るね。

アルドゥイン→オールドゥイン

金貨・コイン→セプティム

ドゥーマー→ドゥエマー

みたいな。

あと、イスランさんは日本語版声優さんより老けて恐ろしく低音、吸血鬼の王は日本語版よりはるかに嫌みっぽい言葉遣いとか。

暫くすると飽きて日本語版に戻すんだろうけど、英語は英語で新鮮で楽しいです。

セラーナさんは、日本語版のほうが面白いかなあ。

SKSEとSkyUIとMCMについて

SkyUI最新版にはMCMが装備されている。

SkyrimLEを楽しんでいた人はご存知の通り、MCMはゲーム上でModの設定を変更できる素敵機能だ。

ただ、MCMは日本語化しないと文字化けの嵐か、英語表記のままなので、使えるが使いにくい。

 

現在、公開されているModの多くは、SkyrimLEで公開されたModのSE版リメークなので、MCMに対応しているのに日本語化できないという場面が多々ある。

そこで、MCMの活用方法をば。

 

Realistic Needs and Diseases All-In-One for USSEP at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

RNDはオリジナルバージョンから、何人ものModderによって更新され、現在のUSSEP対応バージョンに至っている。他にもサバイバル系Modは多いし、CCでも公開されたので、あまり新鮮味はないけれど、これに慣れてしまった僕のような人間は相変わらず愛用している。

で、RNDのオリジナルバージョンですでにMCMに対応していたこともあり、SkyUIを導入すると、MCM画面にRNDが出てくる。

 

f:id:speakeir:20171101172844j:plain

f:id:speakeir:20171101172859j:plain

ほら、英語でしょ?

 

日本語化の方法ですが、まず、RNDの大本の日本語化ファイルを用意します。

skyrim.2game.info

Modといえば、このサイトですな。

このページの、

f:id:speakeir:20171101172953j:plain

白く囲ったところに、MCM最新版の表記があるので、ダウンロード。

f:id:speakeir:20171101173023j:plain

ファイルの中に、interfaceフォルダがあるので、そのままコピーしてゲームフォルダのDataフォルダにペーストすると、中に「translations」フォルダがあり、「realisticneedsanddiseases_english.txt」というファイルが入っている。これがMCMの日本語化ファイル。

 

f:id:speakeir:20171101173130j:plain

日本語化できました!

 

こんな感じに、Dataフォルダの下、interfaceフォルダ内にtranslationsを用意して、MCM日本語化ファイルを探してきて放り込めば、MCMは日本語化できます。

 

ご参考までに。

 

アルドゥインの壁とドラゴンの復活

もう知られているとおり、アルドゥインの壁というクエストが、ドラゴン復活のもう一つのキーになっている。

個人的に、いろいろなルートでスカイ・ヘブン聖堂に向かってみたけれど、個人的にはホワイトランからロリクステッドを経てカース・スパイヤーに至る経路がドラマチックだと思っている。

f:id:speakeir:20171028151035j:plain

 

f:id:speakeir:20171028151103j:plain

ちょうど、ロリクステッドとマルカルスの分岐路あたりで、遠くにドラゴンが見える。

f:id:speakeir:20171028151138j:plain

ヴォルジョツナーク。

 

次に、ロリクステッドの近くの丘。

f:id:speakeir:20171028151307j:plain

ちょうど、アルドゥインが復活させているのが、

f:id:speakeir:20171028151330j:plain

ナハグリーヴ。

 

ともに、ある本に出てくる伝説上のドラゴン。

アルドゥインが自らを倒す方法を探しあてつつあるドヴァキンに対して、伝説的ドラゴンを復活させることで対抗しようとしている、なんていう脳内補完しながら、楽しめますな。

黒檀・Ebony

デイドラの鎧に次いで頑強なエボニー。

その和訳は黒檀。おもわず「こくだん」と呼ぶ人も多いと思うが、「コクタン」である。

コクタン - Wikipedia

 

エボニーをそのまま訳すと黒檀、つまり固くて黒い木になるが、木造の鎧というわけではない。

TES作中、唯一その性質に触れる著作物がある。

重装鎧の鍛造 : Skyrim Library

 

このSkyrim Libraryはすばらしいサイト。暇さえあれば読んでいた時期がある。

これによれば、冷たいまま叩くとヒビが生じて、粉々になるという。また、鉄とあわせて合金にはしない。エボニーはエボニーだけで鍛造する。

 

ところが、鎧にすると頑強になる。

つまり、素材の段階では強固ではないが、鍛造すると簡単には破砕されない性質をもつ、ということになる。

エボニー内には水分や酸素などの気体が含まれているのだろうか。鍛造することで純粋性を増し、強固になると解釈することもできる。

 

一説には黒曜石のようなもの、ともある。

黒曜石 - Wikipedia

しかし、黒曜石は強固ではない。むしろ、ガラス質でもろい。加工する上で鋭利になりやすい性質なので、古来から道具の原料として用いられてきたが、つまりはそういう性質だ。

TES内の特殊な鉱石であることは間違いないが、さて、どんなものなのだろう。

 

和訳の黒檀にしても、誤訳であるとしても、なんかカッコいい訳である。

ずいぶん前から愛用している武器は、すべて黒檀製である。

広告を非表示にする