読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

SkyrimSE mod導入手順(NMMでの導入)

前回はこちら。

speakeir.hatenadiary.jp

前回はNexusModsのアカウント登録、NMMのダウンロードまでを解説した。

今回は、インストールからMods導入までを。

 

なお、NMMはNexusModsのページから「Download with manager」というボタンでModをダウンロードする方法と、別途ダウンロードしたModを読み込む方法がある。以下では、NMMを介してダウンロードすることを「自動ダウンロード」、別途ダウンロードしたModをNMMで有効化することを「手動ダウンロード」と呼びます。

 

<NMMインストール

NMMのインストール方法はだれでもわかると思うので割愛。

なお、最初にインストールしたとき、様々なゲームをサーチするが、時間がかかる。でもこれをきちんとしないと、以後NMMが正常に起動しないので、お風呂入る前とか、出かける前にしておいて、放置するのをおすすめする。

 

<NMMのみかた>

f:id:speakeir:20170318205215j:plain

 

NMMを立ち上げると、このような画面になる。

 

f:id:speakeir:20170318205244j:plain

 

①ランチャー。ゲームを立ち上げることができる。NMMはModsマネージャーなので、Modsが必須とするSKSEなどが開発されると、ここからSKSE経由でゲームを起動できる。SKSEなど、Skyrimゲーム本体とModsを介在するソフトウェアがない環境では、ほぼSteamランチャーと変わらない。

 

②ツール起動。NMM経由でツールが起動できる。NMMでインストールする必要はなく、様々なツールをデフォルトでインストールすると、ここにツールのランチャーが加わるようになっている。

f:id:speakeir:20161201192905j:plain

こんなかんじ。BOSSはもういいだろう、と思うのだが、LOOTとかね。インストールしている分だけアイコンが出る。

 

③NMMゲームタイトルの変更。

NMMは様々なゲームタイトルに対応している。それぞれのModsダウンロードページがあり、タイトル事に画面が変わる。いわば、1つのマネージャーで複数のゲームのMods環境を統制できる、ということになる。ちなみにその左は、NMMの更新ができる。

 

f:id:speakeir:20170318205312j:plain

 

④MOD追加ボタン。

NexusModsのページから自動ダウンロードすれば、Modリストに薄い字で出てくるから、これをダブルクリックすればインストールできるけれど、例えば古いSkyrim無印版のModとか、Nexus以外の有志配布Modをインストールする場合は、このボタンで読み込まなければならない。この場合、Mod配布時のZIPファイルなど、圧縮ファイルのままで指定しないとダメ。

 

⑤手動・自動ともに導入したModをアクティブ化するボタン。

 

 

f:id:speakeir:20170318205329j:plain

 

⑥自動ダウンロードタブ。ダウンロード状況を見ることができる。

 

⑦NexusModsにログインしているかどうかの表示。

 

以上がModsページのみかた。簡単ですね。

次にPluginページのみかた。

①ゲームランチャーの下のタブ、「Plugins」タブを押すと、

f:id:speakeir:20161201193232j:plain

導入しているModの読み込み順を反映したプラグイン一覧(Modのメインファイルともいうべき、Esp、Esmファイル)が出てくる。Modは読み込み順がとても重要で、間違っているとCTDや起動しなかったりすることがある。

また、特定のModでは、一つのEspファイル(Modの根幹となるファイル)を有効化すれば、その他の付随するEspファイルは無効化して、という注意書きを書いていることがある。その場合は、画面のようにEspファイルを手動で、無効化する。

例えば、

Bijin All in One-SSE at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

僕も導入しているNPC美化Mod、Bijinシリーズ。SEになってから、オールインワンEspバージョンがアップロードされた。ところが、「Description」の「Requirements」(必須Modという意味)には旧バージョンのBijinModが指定されている。これはどういうこと?

この場合、上に説明した通り、Skyrim無印版のNexusページに行って必要とされるModをすべてダウンロードしておき、適宜保存しておく。デスクトップがわかり易いかも。

これらのModを解凍せず、そのまま④NMMで読み込み、⑤アクティブすると、インストール完了となる。

そのうえで、SE版の上記「All in One」Modをインストール。最後に、PluginページでこのEspファイル以外のBijinシリーズModEspファイルのチェックを外す。

Pluginページで無効化するなら、Skyrim無印版のModをなぜインストールするの?それは、Modの実行ファイルともいうべきEspファイルは不要だけれど、そこに付随するデータが必要だということ。

もう少し詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照。

このあたりを理解しておかないと、Pluginページの重要性が理解できませんからな。


 

〇予備知識 Modフォルダの構造

Modフォルダは複数のファイルで構成される。これを説明するためには、手動(マニュアル)での導入方法を説明した方が早い。

手動と一般的に言われている方法は、NMMなどのModマネージャーを使わない方法。

方法は簡単。ダウンロードしたModファイルを解凍した上で、Readmeに書かれている方法で導入する。

例えば、マップ系Modで人気の、

 

A Quality World Map at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

を導入してみよう。

f:id:speakeir:20170302133526j:plain

赤枠で囲った「download manually」をクリックすると、

f:id:speakeir:20170302133736j:plain

こういうポップアップが出てくる。これはいまダウンロードしてますよ、もしもっとスピードが欲しければ、お金払ってくれたらプレミアムサーバーがありますよ、という案内。

まもなく、

f:id:speakeir:20170302133831j:plain

こういうZipファイルが落ちてくる。

f:id:speakeir:20170302134145j:plain

解凍すると、1つのフォルダと3つのファイル。Modはこの3つのファイルのことで、Espがいわば、メインとなるファイル。実行ファイルというべきなのかな。Bsaファイルは、様々なデータを格納するファイル。iniはいわずもがな、設定ファイルですな。

ためしにこのbsaファイルを開いて中身を見てみると、

f:id:speakeir:20170317163114j:plain

すべて、地図の画像データ。これを一括してアーカイブ化したのが、bsaファイルということ。

 

これを一括して、Skyrimフォルダ、Dataフォルダに放り込めば、基本的にはModは機能する。

ところが、ここまでわかり易いModは珍しい。多くは、Bsaファイルで梱包されておらず、様々なフォルダにデータファイルを放り込まなければならないからだ。

まあ、いずれにせよ、Modフォルダというのは、メインとなるEspファイル、それに付随するデータファイルによって構成されているのがわかっていただけたかと思う。

 

 

 

〇NMMでのModの導入

さて、どういう経緯にせよ、導入したいModが見つかったら、所定の方法で導入することになる。

今回は髪型定番Mod「ApachiiSkyHair」のSSE版を導入しよう。

ApachiiSkyHair SSE at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

f:id:speakeir:20161201194536j:plain

まず最初のページ。

上から。Endorseは推薦する、支持するといった意味で、気に入ったり、作者への敬意を表したいというときは必ず押しましょう。この数が多いModほど、ユーザーからの支持が高いということになる。作者さんの意欲にもつながる。

Requiredは、このModが必要とするMod。もし必要なModがある場合、前提Modを入れないとゲームは起動しない。

DescはDescription。概要。結構重要な情報が書かれている。

Filesはダウンロードページ。後で掲げます。

Imagesはそのまま。イメージ画面。

Postsはユーザーと作者間での質問掲示板みたいなもの。

このあたりは、案外簡単な英語で書かれていることが多いので、一通り見ることをおすすめする。

 

Filesページ。

f:id:speakeir:20161201194901j:plain

f:id:speakeir:20161201194917j:plain

Mainとあるのが、Modのメインファイル。緑地に白色の「Download With Manager」がNMMを利用してダウンロードするボタン。その右が手動ダウンロード。

Optionalなどはオプション。このModでは、兜などから見えるウイッグが配布されている。

 

f:id:speakeir:20161205222128j:plain

ダウンロードしたModは、このように、NMMで薄地に表示される。薄地のModをクリックすると、導入が始まる。これで、Modの導入は完了となる。

 

Modを導入したら、LOOTというツールでMod読み込み順を改善しておいた方がいい。

 

speakeir.hatenadiary.jp

FO4のころの記事だけど、ご参考までに。

 

 

Modアンインストール方法については、

speakeir.hatenadiary.jp

こちらを参照。

 

あと、Modの大半は英語でできている。日本語化については、最近はツールも一択となっているので、この解説ページも下記にリンクしておく。

 

speakeir.hatenadiary.jp