日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

Skyrim Special Edition 日本語化

※2017年10月更新しました。

 

正式リリースされているSkyrimSEの日本語版を利用して英語版を日本語化する。

 

今回、こういった記事を編集する原因は、

 

speakeir.hatenadiary.jp

speakeir.hatenadiary.jp

この2つの記事へのアクセスが多いことから。この2つの記事は、正式なSkyrimSE日本語版からデータを抽出するのではなく、Skyrim無印からデータを抽出することになるので、あまり良い方法ではない。そこで、今回の記事で正式な日本語化記事にしておきたいと思った。

 

内容としては、

FAQ/日本語化 - Skyrim Wiki JP

このWikiを参照している。

 

①公式日本語版をダウンロード、データをどこかにバックアップする。

 僕は物理的に、つまりハードディスクを分けて利用しているので、そこに放り込む。

 フォルダ名をjpなどにすればわかり易い。

 以下、このバックアップからデータを取り出し、公式英語版に上書きするので、くれぐれも消したり上書きしないように。

 

②公式英語版をダウンロードする。

 

f:id:speakeir:20170109170032j:plain

Steamのゲームタイトルを右クリック、プロパティから言語を選ぶ。英語を選ぶと、自動的にダウンロードが開始される。

Wikiには、一度公式日本語版を消した方がいいと書いているが、私はModを多用しているので、消さずにした。それでも円滑に進んだので、おそらく消さなくてよいかと思われる)

 

f:id:speakeir:20170305193458j:plain

 

もう一度同じ画面を立ち上げ、ゲームキャッシュの整合性を確認する。

Steamのタイトルはダウンロードが基本だけれど、データが多すぎるとどうしても、欠損や破損が生じる。そこで、整合性でデータの整理整頓と照合をしておかないとダメです。

 

③一度公式英語版を立ち上げる。

f:id:speakeir:20170109170356j:plain

ちゃんと立ち上がればOK。

 

④公式日本語版からのデータ吸出し

式日本語版から必要なデータを吸い出して、日本語化する。

現行Bsaファイルからデータを吸い出せるツールはいくつかある。

BSA Browser (with .BA2 support) at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

今回はこれを使ってみる。

 

f:id:speakeir:20171021115514j:plain

こういうツール画面。

Fileタブを押し、「open archive」を選択、先ほどバックアップした公式日本語版から、「Skyrim - Patch.bsa」ファイルを指定する。日本語のデータを抽出する。

 

f:id:speakeir:20171021115603j:plain

 

ツールの使い方から。あらかじめ、任意の場所にフォルダを作成しておく。吸い出すデータのところで右クリックすると、「Extract」というコマンドが出てくる。どこに保存するか、というウインドウが出るので、作っておいたフォルダを指定すると、そこにデータが格納される。

 

まず吸い出すのは以下のファイル。

book.swf

fontconfig.txt

fonts_en.swf

translate_japanese.txt(ファイル名のjapaneseをenglishに変更)

 

 

Skyrim無印版のころは、Dataフォルダ内にinterfaceやstringsフォルダがあり、ここに放り込んだデータによってSkyrimの言語が変更できた。

ところが、SkyrimSEはこうしたデータを「Skyrim - Patch.bsa」にアーカイブ化することになった。それじゃあ日本語データを梱包しなおさないといけないの?というわけではなく、Dataフォルダ内に新しく作られたフォルダを優先的に読み込むらしい。Mod導入時にもこの方法を多用することになるので、ご注意。

 

次に、Stringsファイル。

現在のSkyrim日本語化では、Stringsファイルを自分で翻訳しなければならなくなった。

先ほど使ったツールで、英語版Stringsファイルをすべて取り出しておく。

これは、保存しておいた公式日本語版からではなく、ダウンロードしていまゲームフォルダに入っている、最新版の公式英語版から取り出す。

f:id:speakeir:20171021120108j:plain

同じPatchファイルに格納されているので、左画面のstringsをクリックすると、右画面に一覧が出る。ここでenglishファイルをすべて取り出す。

 

 

f:id:speakeir:20171021120542j:plain

次に、それぞれをsseTranslatorで日本語化してしまう。

なお、もしsseTranslatorを使ったことがない(つまり初めて日本語化します、という人)は、自動翻訳機能を使うために、Japanese版Stringsファイルも吸い出しておくこと。つまり、EnglishStringsファイル15個と、日本語版Stringsファイル15個、都合30個を吸い出しておく。

吸い出したフォルダをコピーして、どこかややこしくないところにおいておき、sseTranslatorの設定画面で自動翻訳用Stringsフォルダに設定しておいてください。じゃないと、自動翻訳されません。

詳しくは

speakeir.hatenadiary.jp

こちらで。

 

 

 

f:id:speakeir:20171021120659j:plain

このツールにはあらかじめ、Stringsファイルの翻訳機能がある。ファイル>Stringsファイルを開くで、先ほど保存したての、最新版のStringsファイルを開く。

なお、たとえば「skyrim_english.strings」を指定すれば、自動的にほかの2つ、ilstringsとdlstringsが読み込まれるので、翻訳作業は5回行う。

 

翻訳したファイルはファイル>STRINGSファイルを別名で出力を選択し、ファイル名を書き換えずそのまま保存する。すると、自動で「skyrim_japanese.STRINGS」と、Japaneseに書き換えたファイルとして保存される。

これを5回行い、30個のファイルを用意する。

 

 

最後に、

f:id:speakeir:20170109171934j:plain

やはり、バックアップした公式日本語版のフォルダから「Skyrim - Voices_ja0.bsa」を取り出す。これは音声系ファイルで、もし英語のままがいい人は触らないほうがいい。

日本語音声にしたい人は、このファイルをコピーした上でリネーム。「ja0」を「en0」にしておく。

 

⑤ファイルを放り込む

 

f:id:speakeir:20170109172129j:plain

 

SkyrimSEのDataフォルダに、interfaceとStringsフォルダを作っておく。

先ほどinterfaceから取り出したファイルをinterfaceに入れ、Stringsフォルダから取り出したファイルをStringsフォルダに入れる。

そしてSkyrim - Voices_en0.bsa(元のja0)はDataフォルダに放り込む。

ただし、同名ファイル(本物の英語音声ファイル)があるので、こちらを「backup」などとしてどこかに保管しておいたほうが賢明。

 

⑥立ち上げてみる。

f:id:speakeir:20170109172438j:plain

システム系のインターフェースは引き続き英語表記。これは致し方ない。右下、ゲーム内時間などが日本語化されているから大丈夫。

あと、左下のバージョンも最新版になっている。

 

僕も最初のころはそうだったけれど、日本語化する以上、徹底的に日本語化したい、と思う人が多い。例えば少しでも英語表記が残っていると嫌だとか、よくわからないとか。でも、公式英語版を日本語化するというのは、最新版SkyrimSEを遊ぶための裏技のようなものだから、ある程度は我慢が必要。

プレイしている中で、例えばクエスト一覧が英語化されているとか、そういうことがあれば、それは殆どがModの影響です。私がやった中では、システムのインターフェースは英語のままだったけれど、これは簡単な英語表記なので問題ないと思います。

 

 

 

以上が公式リリース版の日本語化方法。