日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

SKSEとSkyUIとMCMについて

SkyUI最新版にはMCMが装備されている。

SkyrimLEを楽しんでいた人はご存知の通り、MCMはゲーム上でModの設定を変更できる素敵機能だ。

ただ、MCMは日本語化しないと文字化けの嵐か、英語表記のままなので、使えるが使いにくい。

 

現在、公開されているModの多くは、SkyrimLEで公開されたModのSE版リメークなので、MCMに対応しているのに日本語化できないという場面が多々ある。

そこで、MCMの活用方法をば。

 

Realistic Needs and Diseases All-In-One for USSEP at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

RNDはオリジナルバージョンから、何人ものModderによって更新され、現在のUSSEP対応バージョンに至っている。他にもサバイバル系Modは多いし、CCでも公開されたので、あまり新鮮味はないけれど、これに慣れてしまった僕のような人間は相変わらず愛用している。

で、RNDのオリジナルバージョンですでにMCMに対応していたこともあり、SkyUIを導入すると、MCM画面にRNDが出てくる。

 

f:id:speakeir:20171101172844j:plain

f:id:speakeir:20171101172859j:plain

ほら、英語でしょ?

 

日本語化の方法ですが、まず、RNDの大本の日本語化ファイルを用意します。

skyrim.2game.info

Modといえば、このサイトですな。

このページの、

f:id:speakeir:20171101172953j:plain

白く囲ったところに、MCM最新版の表記があるので、ダウンロード。

f:id:speakeir:20171101173023j:plain

ファイルの中に、interfaceフォルダがあるので、そのままコピーしてゲームフォルダのDataフォルダにペーストすると、中に「translations」フォルダがあり、「realisticneedsanddiseases_english.txt」というファイルが入っている。これがMCMの日本語化ファイル。

 

f:id:speakeir:20171101173130j:plain

日本語化できました!

 

こんな感じに、Dataフォルダの下、interfaceフォルダ内にtranslationsを用意して、MCM日本語化ファイルを探してきて放り込めば、MCMは日本語化できます。

 

ご参考までに。