読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

ソルスセイム・ミラーク

Skyrim TES

f:id:speakeir:20170204130512j:plain

 

ミラークと名乗る人物を中心に結成される教団に、スカイリムで襲撃されたラスト・ドラゴンボーン。襲撃犯の足取りを探索すると、反帝国の根拠地であり、内陸ながら港町であるウインドヘルムの港までたたどり着く。

ウインドヘルムの港に停泊するノーザンメイデン号(北の乙女号?)。船名に似つかわしくないグジャランド船長(ノルウェー語発音ではグヤランドらしい)は、たしかに奇妙な人々をソルスセイムで乗せたことは覚えていたが、気づくとここにいたという。

 

ミラークは、古の時代、竜族に仕えながら反旗を翻し、多くのドラゴンを倒したドラゴンボーン。なぜ彼は反乱を起こし、竜を殺し続けたのか。

これは、ラスト・ドラゴンボーンにも言える。スカイリムで現れるドラゴンによって、人々の街や村が焼き尽くされている中、一人立ち上がったラスト・ドラゴンボーン。彼は最終的にアルドゥインを倒し、つかの間の平和を得るのだが、その後もドラゴンハンターとしての活躍は続く。

もともと、竜が支配していたスカイリムを竜が取り返そうとするのは、自然の成り行きだ。人間は何度となく反旗を翻してきた。

では、なぜミラークは反旗を翻すのか。

 

何度もこのDLCをクリアしたけれど、実はそこのところがよくわからない。

今回は丁寧に読み進めてみようかな、と思っているけれど、休みがない。

今日も夜勤です。

 

お久しぶりです、皆様。