読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

Fo4:ウエスト・エバレット私有地

ここのストーリーがなかなかの出来だと思うので、備忘として。

 

ウエスト・エバレットには見出せる限り、2台のターミナルと2個のホロテープがある。このうち1つは、ターミナルから出せるものだ。

爆弾が落ちた日、エームズ家はニューヨークに旅行中だった(ウェインのターミナル)。そこで歩いて帰ってきたところ、幸いにして町の被害は軽微だったが、ランス・エームズは兄弟であるレオンと、家族のジャネット(妻?)と子供とともに、この町を要塞化することに決定する。

一方、核爆弾が落ちる直前、家の庭に避難壕を作っていたターンキスト家のウェインは、ランス・エームズらに馬鹿にされながらも、子供たちと避難計画を綿密に打ち合わせしていた。彼らは爆弾が落ちれば、真っ先にモールデンに集合し、Vaultへの誘導も断って一家そろって避難する予定だった(ウェインのターミナル)。

ウェイン・ターンキストはメド・テック(製薬会社)に勤務し、妻のボニーは「病院」に勤務していた。子供はマイケルとデビット。妻のボニーは避難場所に来ず、どうも亡くなったようだ。

ウェインは数日避難していたが、ダクトテープが大量に必要となったことや、避難していた地下壕からよそに掘り進める計画のための物資をあさるため、地上に出た。

戦争前、向かいのコップ家のロンという人物は、ヌカコーラ自販機を解体していたこともあって、ジャンク類が豊富にあるだろうと思った。

f:id:speakeir:20160907221102j:plain

なるほど、自販機を解体している家がある。

そこであさっていると、グール化したと思われるロンに銃を突き付けられてしまう。この窮地を救ったのが、ランス・エームズだった。彼はロンを打倒して、町の要塞化の手伝いをウェインに頼む。ウェインも断り切れず、手伝うことになる(以上、二名のターミナルから)。

f:id:speakeir:20160907221258j:plain

ロンの死体?

ウェインは妻を探すため、避難放送を発信したのも、このころだろうか。

 

ランスは兄弟のレオンとともに、周囲の偵察を行っていた。そのさなか、レオンはランスと相談することもなく、12人からなる集団に近寄り、ウエスト・エバレット私有地には豊富な物資があることをペラペラしゃべってしまう。どうも、レオンがここに戻ってくるとき、この集団のだれかと顔見知りになったらしい(ランスのターミナル)。ランスはこのとき、男たちの顔が曇ったのに気づき、レオンを罵倒する。

その後まもなく、ランスはバリケード上で警戒中に狙撃され、殺される(ウェインのターミナル内デビットのホロテープより)。レオンは襲撃団に寝返り(ランスのターミナル)、ウェインは二人の子供を連れて避難する。

 

その後、しばらく町は襲撃団の末裔か、レイダーに支配されていた。そこに現れたのがハンマー率いるスーパーミュータント軍団で、彼らはレイダーを一掃し、支配下に置く。

ハンマーは辛うじて生き残っていたレイダーの一人に、ホロテープ録音をさせる。そこで、ハンマーはトリニティ・タワーのフィストに対して、この町には豊富な物資があるので、もっと略奪するためには、戦力がいること。すぐに送るように命じる。ところが、この命令の際に力が入りすぎて、レイダーを殺害してしまう。

f:id:speakeir:20160907221907j:plain

たぶん、収録に使った端末とマイク。

 

状況的には、まさにこの直後(ホロテープを送る暇もないくらいのタイミングで)111が現れ、スーパーミュータント軍団を一掃する、ということ。

なかなか、面白いストーリー。