読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ぴこぴこ

TESとかFalloutとか、思ったことを淡々と。

Skyrim Skill Uncapper

Skyrim Skill Uncapper at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

Skyrimはオリジナルの場合、スキルレベルが100までになっている。

ところが、たいていのプレイヤーは偏ったスキル育成を行い、かつ、プレイもスキルに偏った方向性が出やすい。

例えば盗賊プレイだと、スリや開錠ばかり、隠密も上がるけれど、正面から戦う二刀流プレイは殆どしない。たぶん、盾も常用しない。だから、二刀流とか防御とかのスキルが上がらないことになる。

でもスキルパークが欲しいから、結局使わないスキルのレベリングを強いられる。

スキルキャップを除くのは、ある意味で、プレイスタイルに「作業」を除くための方便だと思うのは、僕だけではないはず。

 

Skyrim -Community- Uncapper at Skyrim Nexus - mods and community

Skyrim無印時はほぼ、定番だったキャップをなくすMod。これのSE版が、今回のMod。

ところが、導入方法が少し厄介だったりするので。

 

前提Modなど

SkyrimSE最新版(英語版のバージョンで書かれているので、英語版しか導入できないかも)

xSHADOWMANx's Dll Loader at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

DLLファイルを導入するための、いわばSKSE64登場までの暫定版みたいな?

結構使われてますよね、このMod。

 

 

インストール方法

この前提Modを最初にダウンロードする。

 

f:id:speakeir:20170317155932j:plain

こういうファイルが出てくるので、

 

f:id:speakeir:20170317160104j:plain

SkyrimSEの実行ファイルがあるフォルダに、画像のように放り込む。

次に、このSkyrim Skill UncapperをNMMから導入する。手動でもいいよ。

手動の場合は、

f:id:speakeir:20170317160450j:plain

解凍すると画像のように、Data>Plugins>Sumwunnというフォルダの中に、このModのファイルが作られる。

 

NMMで導入しても一緒。

 

一度起動して、終了。その後、Data>Plugins>Sumwunnフォルダを見てみると、

f:id:speakeir:20170317160723j:plain

一番下の「SkyrimUncapper.ini」というファイルができている。

これを開いてみると、下みたいなテキストファイルが開く。

 

f:id:speakeir:20170317160851j:plain

ちなみに、デフォルトではSkillCapsは100です。つまりキャップ100、そのままってことね。このiniファイルを必ず編集しなければならないので、Mod初心者には敷居が高い。

 

skyrim.2game.info

Skyrim版の、このModの原型となったMod紹介ページに、これを日本語訳してくれた有志の方のファイルがアップされている。

分かりにくい場合はこちらを参照させてもらったほうがいいですよ。

 

編集して、試しになにかのスキル上げをしてみればModが有効かどうかわかります。

SkyrimSE Modランキング

なんとなく、昨日あたりから気になったので見ている。

見ているサイトは2つだけど、実質1つ。

というのも、1つのランキングはもう1つのランキングをリンクしているから。

 

Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

f:id:speakeir:20170313144234j:plain

トップページ、Filesボタンにカーソルを置くと出てくるメニューに「Top files」がある。

skyrimspecialedition.2game.info

こちらは、Nexusの日本語翻訳版みたいな。

 

2017年3月13日から過去2週間のModランキングは、以下の通り。

 

1:Unofficial Skyrim Special Edition Patch at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

2:Static Mesh Improvement Mod - SMIM at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

3:Immersive Armors at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

4:Total Character Makeover at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

5:A Quality World Map at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

6:Skyrim Flora Overhaul SE at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

7:Immersive Citizens - AI Overhaul SE at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

8:Enhanced Blood Textures SE at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

9:Realistic Water Two at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

10:Fores New Idles in Skyrim - FNIS at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

非公式パッチがSkyrim無印に引き続き、好評ですな。SMIMも同様。5のマップ改善は必須Modといっていい。オリジナルのマップは道とかないし、わかりにくい。6と9のような景観改善Modも、SEになっても引き続き人気のよう。

ハードコア系のModが全く入っていないのは残念。Skyrimは多くの食物が登場するから、今後に期待ですかね。

 

sseTranslatorの使用方法(実践編)

speakeir.hatenadiary.jp

上記ページでは、sseTranslatorの設定までを書いた。でも、利用方法となるとFO4時のページを見てもらう方法をとった。今回はsseTranslatorの使用方法を実践形式で、解説することにする。

 

Unofficial Skyrim Special Edition Patch at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

膨大なデータ修正をおこない、かつゲーム調整まで行うことから、賛否両論のUSSEP。公式パッチでは修正しきれない部分を、非公式で行う。このModを前提としているModsも多くあるほど、必須といってもいいけれど、僕はできるだけ回避してきた。理由はいろいろあるけれど。

 

さて、NMMで導入後、LOOTで並び順を訂正したあとで、sseTranslatorを立ち上げる。sseTranslatorのバージョンはVer.1.0beta22。現状最新版ですな。

 

f:id:speakeir:20170312165259j:plain

ツールを立ち上げるとオプションから「コードページの強制」でutf8をチェック。

これは、ツールで読み取る言語が日本語である限りチェックする必要がある。じゃないと文字化けします。文字化けするとゲームがCTDしたり、何が何だかわからないものになります。

ただ、毎回チェックする必要はない。場合によりけりだけど、とりあえずチェックしておいたほうがいいです。

 

f:id:speakeir:20170313183234j:plain

 

f:id:speakeir:20170312165516j:plain

ツール「ファイル」タブから「Esp/Esmファイルを開く」を選択、Modを指定して開く。


 

f:id:speakeir:20170318132509j:plain

 

 

ツールの設定が完了していれば、画面のような三色の画面になるはず。

赤色は未翻訳。白色は自動翻訳。その間の紫は、推測翻訳。

 

skyrimspecialedition.2game.info

現在、USSEPの日本語訳ファイルを配布しているのは、上記サイト。ここから、正しいバージョンの翻訳ファイルをダウンロードさせてもらう。

翻訳自体はボランティア。感謝の気持ちを忘れずに。

 

f:id:speakeir:20170312170220j:plain

「ファイル」>「翻訳ファイルのインポート」>「XMLファイル」を選択、ダウンロードした翻訳ファイルを指定。

f:id:speakeir:20170312170304j:plain

翻訳ファイルで翻訳された部分は青色になる。ほぼ、翻訳されていれば大丈夫。

 

f:id:speakeir:20170312170344j:plain

「ファイル」>「Esp/Esmファイルの上書き出力」で完了となる。

 

SkyrimSE Mods導入(実践編)

とあるサイトを見ていると(しごときゅうけいちゅー)、有名なModに必要なModと、推奨されるModの違いについてよくわからない説明があった。

 

以前から書いていると思うけど、必須と推奨は大きく違う。そこで、夜勤明けの今日は実際のMod導入を行いながら、必須と推奨の違いを明示できたらと思う。

 

Static Mesh Improvement Mod - SMIM at Skyrim Special Edition Nexus - Mods and Community

 

SMIM。メッシュを大幅に改善するMod。

Skyrimはもともと、高品質なグラフィックを極力軽く実現するために、例えば遠景を省略したり、近くの物でも簡素化することでゲーム全体を軽くするような仕組みだった。ただ、多くのユーザーはそれでは満足できず、重たくてもいいから品質のいいグラフィックを求めた。その結果、グラフィックを強化するModsが多く生まれた。

SMIMはModder間でも高い評価を受けてきたModの一つだ。

 

f:id:speakeir:20170312054959j:plain

NexusModsのページには、「Required」という項目があり、これをクリックするとウインドウがポップアップする。これは要するに、該当Modが必須とするMod、逆に該当Modを必須とする他のModを一覧表示してくれる、とっても便利な機能だ。

これを見る限り、SMIMを導入する上で必須なModはない。

一方、1つを除き、SMIM本体を必須とするModは多くが、翻訳Modだ。当たり前だけど、導入するだけで翻訳してくれるModは本体が必須だ。本体を翻訳して配布することは二次配布になるので、厄介だからだ。

 

f:id:speakeir:20170312055334j:plain

次に、「DESC」とあるタブを選択しよう。概要、Descriptionページ、いわば解説ページだ。Mod導入に際しての、基本的な情報は原則として、ここに集約されている。

 

冒頭に「重要」とあり、SMIMをBSAアーカイブでダウンロードしたい場合は、ベセスダネットの方からダウンロードしてくれ、とある。要するに、NexusModsページ版はBSAアーカイブされていない、いわゆるLooseファイルだということと理解しよう。

 

f:id:speakeir:20170312055617j:plain

次に「Installation」項目。NMMでの導入が推奨されている。

次の段落、USEEPを「高く推奨」している。ただし、これは必須ではない。あくまで推奨だ。ではなぜ推奨しているのか。おそらくだけど、Mod作者さんの環境はUSEEP導入が前提であり、その下でModを作成しているからだろうと思う。理由らしい理由が書かれていない場合は、作者さんの環境により近づけるほうが安全という考え方のほうが、現実的だ。

 

f:id:speakeir:20170312055926j:plain

 

Filesタブから緑色のボタンを押すと、NMMが立ち上がり、ダウンロードが始まる。

 

導入後、翻訳ソフトで翻訳すれば、SMIM導入が完了する。

 

ちなみに、僕の環境ではUSEEP非導入だが、SMIMは問題なく導入できている。

ウインドヘルム・氷の上の血

カリクスト・コリウムはウインドヘルムで、骨董品の館を経営している。

彼のツアーを受ければわかるが、彼は若いころ、両親を失ったが、その遺産で妹・ルシーラとともにタムリエル中を旅してまわった(でも大戦のころじゃないの?)。

各地で得た珍品・名品を自宅兼博物館に展示し、小銭で紹介している。おそらく、両親の遺産はまだまだ豊富に残っているのだろう。

 

ウインドヘルムで突如発生する殺人事件。キャンドルハース・ホールのスザンナが、ほぼ全裸の状態で発見される。遺体は古代ノルドの遺跡に散乱している、エンバーミング用に用いられたと思しきナイフ。

 

旅人・ラストドラゴンボーンはこの捜査を請け負う。

通常のクエストライン通りに進むと、犠牲者は一人増える。ところが、あるクエストラインで脱線すると、それを未然に防ぐことができる。

 

なかなか、血なまぐさい事件ですな。

 

さて、この事件で気になる点は二つ。

f:id:speakeir:20170311155121j:plain

エルフ族の祖ともいわれるアルドメリ、彼らの残した文章を、シロディールを中心に発展したアイレイドが翻訳し、さらにこの記述を、現在アルドメリ族の末裔の一つとされ、主流と自称するハイエルフが記録していたものらしい。

アルドメリやアイレイドは、死霊術を本気で研究していたのかな。

まあ、「虫の王」マニマルコも、魔法術を発展させたガレリオンもハイエルフ系統だというし、納得できないこともないけれどね。

ちなみに、このクエストラインでは「ブッチャー」と呼ばれていますが、正確には「虐殺者の記録」みたいなニュアンスだと思う。どうしてもブッチャーというと、プロレスラーとか想像してしまう。

 

f:id:speakeir:20170311155909j:plain

死霊術のアミュレット。

Oblivionでは、ハンニバル率いる魔術師ギルドと、よみがえった蟲の王・マニマルコとの壮絶な抗争の中で、裏切ったギルド幹部が持ち去るという場面に出てくる。ハンニバル以下、第三紀タムリエルでは死霊術を禁忌としていて、おそらくハンニバルは、死霊術師の象徴であるアミュレットをギルド奥深くに保管していたのだろう。

 

このクエストは、単なる名探偵はだれだ?みたいな内容ではなく、いわばTES世界に慣れていないプレイヤーに対して、この世界における魔法術の善悪観念などを説明しているように思うのだが。

ソリチュードにて。

<あらすじ>

ソリチュード随一の嫌われ者キャラ・ハイエルフの姉妹・エンダリーとターリエ。彼女たちは自ら経営する、レディアント装具店で「ブルーパレスでも着ていける」高級装身具を販売していたが、ブルーパレスの役人たちに売り出す方法がなかった。そこで目を付けたのが汚い恰好をして、ソリチュード城門からブルーパレスに向かう旅人。彼は衛兵の警戒をも気にせず、ブルーパレスにずけずけ上がってなんと、首長のエリシフにまで易々と面会するではないか。ターリエは彼に、店一番の服を貸してなんとか、エリシフに服を売りつけることを画策するのであった。

 

f:id:speakeir:20170309171326j:plain

 

 

f:id:speakeir:20170309171540j:plain

え?